空港のことをあれこれ

  • TOP
  • 空港のことをあれこれ

空港のことについて知っておこう

あまり国際線に乗りなれていなかったり、飛行機そのものを利用したことがない場合、空港の利用の仕方について色々と心配するものです。
そこでここでは、簡単に空港の利用の仕方と空港に関する注意点などをご説明できればと思います。
基本的に空港は国内線と国際線に分かれています。
世界を旅する場合、乗るのは「国際線」になります。
空港によっては国内線と国際線で建物の場所が違うので注意が必要になります。
もしEチケットを見てもチェックイン場所が分からない場合はインフォメーションカウンターで聞いてみましょう。

国際空港での出国までの流れ

出国:チェックイン→手荷物検査→出国管理審査(イミグレーション)→搭乗

空港へ到着

国際空港には少なくとも2時間前には到着しているようにしましょう。
チェックインが混む場合、手荷物検査、イミグレが混む場合など色々と考えられますので、余裕を持って到着しましょう。

チェックインカウンター

チェックイン時は、まず搭乗する便のカウンターにまず向かいます。
例えば「日本航空」に乗る予定であれば、空港の各所にモニタがありますので、そこを確認しながらチェックインカウンターを探しましょう。
空港のチェックインカウンターは「ABCDEFG」など場所の振り分けがしてありとても分かりやすいのですぐ場所が分かると思います。
また、分からない場合はカスタマーインフォメーションカウンターがありますので、そこでどこに自分がチェックインする受付カウンターがあるのか尋ねましょう。

カウンターに着いたら、列に並びます。その並んでいる際には、以下のチェックインに必要なものを出しておくとスムーズにチェックインできます。

  • 預け入れの荷物(バックパックやスーツケース):重量制限がある場合は事前に測っておきましょう。
  • パスポート:有効期限がきれていないか注意してください。
  • Eチケット:スマホ画面を提示でも問題ありません。

基本的に最初にカウンターにはパスポートとEチケットを提出します。
次に預け入れ荷物(機内には運べない大きな荷物のことです)を提出します。
ナショナルフラッグ(格安航空券でない大手航空会社)の場合は重量制限に関しては問題ないと思うのですが、格安航空券の場合は制限があるので超過しないように注意しましょう。
超過した場合は追加料金を支払う必要があります。
ここで問題なければ、パスポートを返却されチケットを渡されて、座席番号と搭乗ゲート番号を伝えられます。
預け入れ荷物がない場合は、ウェブチェックインや自動発券機でのチェックインも可能になります。
その方が並ぶ必要もないので楽で混雑も避けることができます。

手荷物検査

手荷物検査と出国管理審査(イミグレーション)は国によっては逆のところもあります。
私が頻繁に利用する成田では手荷物検査が先だったかと思いますので、こちらから先にご説明したいと思います。
預け入れ荷物を預けても、機内にはサブバックは持ち込むと思います。
その場合それらの荷物を検査しなければ搭乗できません。
その際にはいくつかルールがあります。

  • 液体物の持ち込みは禁止されている(100ml以下の場合はジップに入れれば大丈夫です)
  • PCや電子機器を持っている場合は手荷物から取り出さなければいけない
  • 財布や小銭、ベルトなど貴金属に反応するものも外し検査器に流す

もし、探知機に反応した場合や、持ち込み禁止のドリンク類が入っていた場合は没収されます。
ここで問題なければ次にイミグレーションです。

イミグレーション

ここではパスポートに出国しましたのスタンプを押されます。
また、出国に際して問題がないかのチェックをここで行います。

出国搭乗ゲート

ここで問題なければ搭乗ゲートのあるフロアに入ることができます。
この中には免税店が沢山置かれていたり、お土産屋やトラベルグッツ、喫茶店や本屋が入っています。
免税品とは関税がかかっていない状態で、品によっては街で購入するよりもお得に買い物ができるのでおすすめです。
まずはここに入ったら自分の搭乗口のある場所まで行って下見しましょう。 中にはイミグレーションの場所から距離が離れている場所もあるので、時間をつぶす前にさきに確認しておくことをオススメします。
チケットを見ると「G-21」などの搭乗ゲートの数字が書かれていると思います。
空港には「A1~20」はこちらに行って下さいなど、搭乗する場所の方向を示すものがいたるとことにありますので、自分の乗る搭乗場所までたどっていくだけです。
到着したらあとはゲートが開く時間まで待機です。
色々なショップを回るのもいいですし、ゲート前のベンチで待っているのも良いです。
事前にお手洗いだけは済ませておきましょう。
搭乗が始まるのはおおよそ出発時刻の20~30分前となっています。

搭乗開始

搭乗開始時刻となるとアナウンスが英語と日本語で案内されます。
そして、ファーストクラス・ビジネスクラスのカスタマーから先に搭乗でき、次に番号が後ろの席の方から搭乗ができます。(席の後ろの方から席を埋めていくため)
チケットとパスポートを提示し、中へ入ります。通路を通っていくとついに機内に入ることができます。
機内にはA~Hまで横に数字があり、さらに縦にも番号があります。
自分の番号の席まで向かいましょう。
席の上には荷物入れがあります。カバンはそこへ入れてもいいですが、大きくなければ足元(前の席の下)に入れることもできます。

出発

全員が乗り終わると出発します。
キャビンアテンダントからシートベルト等のレクチャーがあります。
そして、滑走路を走り出し、飛び立つのです。
この際には出発したら携帯やデジカメなどの電子機器の電源はオフにしておきましょう。 なぜかといいますと、電子機器から発する電波や磁気が飛行機の電気系統の磁界に変化を与える恐れがあるためです。
結果的に、それが電気信号になり、コンピュータに誤作動を送る恐れがあるということです。
これはマナーですのでしっかりと守りましょう。

出国から行き先の国へ入国までの流れ

到着→出国管理審査(イミグレーション)→預け入れ荷物受け取り

搭乗中

ある程度飛行が安定すると、シートベルトサインのマークが消え、席を立つことができます。
この際はトイレや荷物などを取り出すことができます。
そして、入国審査カード(イミグレーションカード)というものを配られます。
これは目的の国に入るための情報記入カードになります。
名前、生年月日、滞在目的や滞在場所などを記載する義務があります。
これは行き先国のイミグレーションで提出しなければならないものになりますので、事前に記入しておきましょう。
またナショナルフラッグの航空会社の場合、機内食が出ますし、モニターで映画や音楽を楽しむこともできます。

到着

フライトお疲れ様でした。
行き先国へ到着です。
目的の空港に到着したら、最初に入国審査がありますので、そこに並びます。
アライバルビザが必要な場合はこの入国審査前にビザを発行しましょう。
アライバルビザカウンターはすぐ近くにあります。
イミグレーションでは先ほど記入したイミグレーションカードとパスポートを提示します。
問題なければそこでそこで入国スタンプを押されます。

預け入れ荷物受け取り

イミグレを通貨したら搭乗した便の番号が表示されている預け入れ荷物受け取り場所で荷物を受け取ります。
荷物が回転寿司のように流れてきますので、自分の荷物が出てくるまで待ちます。
そして、荷物が来た段階で入国は完了したことになります。この時点で空港から出ることができます。

入国後に空港でやっておきたいこと

  • クレジットカードで現地通貨引き出しor両替:現地通貨がなければ移動できませんのでおろしておきましょう。
  • トイレを済ませる

ラウンジ

たいていどこの空港にもラウンジと呼ばれる休憩サービス施設があります。
タイミングとしてはチェックインしてから、搭乗ゲートに入るまでに時間がある場合こちらで休憩することも可能です。
クレジットカードの特典で利用できたりもしますが料金を支払っても入ることができます。
中は広く、かなり寛げる空間になっていますので一度利用してみてください。
料金は千円~二千円くらいです。

こちらが一連の空港のチェックイン、そして出国から、入国までの流れになります。
基本的にはどの国でもこの流れは一緒です。
慣れていない方はこの流れをイメージしておきましょう。
国際線の雰囲気というのは良い意味で独特です。
世界中の人たちが集まり、これから何かが始まるのではないかというワクワクに満ちた場所です。
国際空港という場所を楽しんでください。
そして、良い空の旅を。

スポンサーリンク