世界の常識を知ろう

  • TOP
  • 世界の常識を知ろう

世界のタブーやマナー、宗教上問題とされていることを知っておこう

世界には数々のタブーとされているマナーやジェスチャーなどが存在しています。
例えば日本では正解だったとしても他の国では間違いだったり、日本では間違いであることが他の国では正解だったりします。
それは宗教に関係することであったり単純に文化の違いであったりします。
一度頭を柔らかくして柔軟にそれらを理解しておきましょう。
「え?そうなの」とかならないようです。

アメリカ
  • ラスベガスでは、ホームレスに食べ物を与えると、「最高6ヶ月の懲役」になるそうです。どんな法律?
  • ズボンをずらすしてはく“腰パンスタイル”は罰金5万円だそうです。
  • シカゴでは、売春婦を買って逮捕され た場合、ウェブ上に顔写真が公開されてしまうそうです。
  • 長距離バスの後部座席ではドライバーの目が届かないので座ると危ない。(様々な客層がいるため)
  • 「OK」のサインでよくある指で丸印のゼスチャーは女性のアソコorセックスそのものを意味らしいです。気を付けましょう。
  • ニューヨークでは意外にも、公園での飲酒や歩きながらの飲酒は禁止されているそうです。自由なイメージがありましたが違うんですね。
アラブ諸国 食事中に手を洗いに席を立つ行為がごちそうさまを意味するそうです。なので食事中は席は立たないようペーパーで拭き取る必要があります。
トルコ
  • 食事の際、ナイフの手渡しはNGだそうです。それはけんかを意味するそう、、一度テーブルに置きましょう。
  • 勝手に軍や警察や美術館などの写真を撮ると逮捕・拘束されるそうです。かなり厳しいとか。
  • アンティークの国外持ち出しには正式な書類がいるということです。
サウジアラビア 食事中に手を洗いに席を立つ行為がごちそうさまを意味するそうです。なので食事中は席は立たないようペーパーで拭き取る必要があります。
ペルー 公共の場での飲酒が禁止されているそうです。
東アフリカ 相手に唾をかけるのがあいさつらしいです。唾には魔除けの意味があるそう。
フランス
  • ガッツポーズをしてはいけません。「ファックユー」とか「くたばれ」の意味合いらしいです。
  • 果物の種や皮を口から出すのはマナー違反らしいです。なので、食べる前にとるか飲み込みましょう。
  • 親指とひとさし指をつけて輪を作る「OKサイン」はタブーらしいです。(0を意味
  • 空いているガラガラの車両に乗ると金銭をカモられる確率が上がるそうです。治安は日本と同じではないですね。
  • 外国人は常にパスポートを所持することが義務化されているようです。パスポートはホテルに置いて行かないよう気を付けましょう。
アジア諸国
  • タイなどの国では、「左手」は不浄を表すものなので食べのもを左手で口に運んではいけません。
  • 食べ終わったら十分食べたという意味でご飯を少し残すのがマナーだそうです。
  • 早食いや音を立てて食べるのはNGだそうです。
  • 椀や皿を持ち上げて食べるのも良くないそうです。
シンガポール
  • ガムの所持そのものが法律で禁止されているようです。
  • 後部座席でもタクシー乗車時のシートベルト非着用はNGとなっています。
  • バスや地下鉄などの公共交通機関での飲食はNGということです。
  • 唾を吐いたりごみを捨てることは罰金の対象になります。
中国
  • 相手に時計(死を告げるという意味で)をプレゼントするのは駄目だそうです。
  • 謝罪の言葉を頻繁に使う風習がないため安易に「すみません」とは言わない方がいいそうです。
  • 日本では親指は男、小指は女を意味するが、中国では小指を立てることは下品らしいです。
タイ
  • 子供のの頭をなでるのはNGだそうです。(東南アジアの仏教国は特に)。またこれを左手でやったら最悪だそうです。
  • 女性は仏僧に触れることも話しかけることも修行の邪魔になるのでいけないそうです。
  • 客待ちしているタクシーは「白タク」といってぼったくられる可能性があるので、流しのタクシーを拾いましょう。
  • 地下鉄、駅でのタバコ・飲食が禁止されている。(水も同様)
ブラジル 親指と人差し指でつくるOKサインは侮辱を意味するそうです。
ロシア 花をプレゼントする時は奇数本で渡すのが礼儀だそうです。(葬式で偶数本で渡すため)
東アフリカ 相手に唾をかけるのがあいさつらしいです。唾には魔除けの意味があるそう。
イギリス
  • イギリス人は鼻をすする音を嫌うそうです、公共の場では鼻をかんでおきましょう。
  • 裏ピースをすることは「ざまあみろ」という意味になるようですのでタブーです。
  • イギリスでは公共マナーに(日本人より)神経を使っている国民性だそうで、混雑した場所でも、他人と体が触れないように努力する社会マナーがあります。
  • 日本人が使う愛想笑いはイギリスでは理解できないそうですので、軽蔑されないよう下手な笑いをやめ、真摯に接しましょう。
  • イギリス名物ののタクシー「ブラックキャブ」に乗る際は、最初に窓越しから行き先を運転手に確認してから乗る。止まったからとりあえず乗るというスタイルはNGだそうです。
  • レディファーストを重んじる国イギリスでは、レストランで男性は女性より先に座ってはいけないそうです。
ギリシャ
  • 肩の高さで手のひらを相手に向けると侮辱を意味するサインのようですのでやってはいけません。(タクシーを呼ぶ時などは注意です。人指し指だけを立てた手をあげるのが一般的だそうです)
  • ピースサインも同様に侮辱を意味するらしいのでNGです。
  • ギリシャの教会では肌の露出や写真撮影は控えるようにしましょう。
  • タクシーは相乗りの習慣があるそうです。既に客が乗っていても停まってくれます。
インド
  • 鉄道での写真撮影は原則禁止されているよです(軍事施設のため)。
  • 他のアジア諸国と同じで物を渡す・食事・お金・握手などで左手は使ってはいけません。
  • 小指を立てるポーズは、「トイレ」もしくは「トイレに行きたい」という意味になるそうです。
  • インドでは、「Yes」の返事をするときに首を横に傾ける仕草をします。
イタリア
  • ホテルや飲食店など全面的に喫煙は禁止されています。
  • 購入したモノのレシートをなくすとあとで警察から色々と聞かれた際に問題になるそうです。帰国まで持っておきましょう。
  • ナポリ市内では、皆ひどい運転をするようなのでレンタカーを借りての運転はできるだけ避けましょう。
  • イギリス同様に「鼻をすする」という習慣がないので注意しましょう。
ハワイ
  • 公共の場所での飲酒喫煙は違法です。
  • ホテルのプールに部屋のバスタオルを持ち出さないのがルールだそうです。
  • 交通ルールが日本とは異なるので車で右折する際には、確認して問題なければ全ての交差点で赤信号でも右折しても問題ありません。
欧米
  • 欧米でも左手で握手を求めるでは良くないそうです。原則は右手で相手の目を見て。
  • 人の頭をふざけて叩く人がいるが、ヨーロッパの路上や人前でこれをすると、警察ざたになることがある。
  • 食事中にくちゃくちゃ音を立てたり、ズルズルと麺を食すのはマナー違反です。またスープを冷ますときにフーフーやるのもダメのようで、正しくはスプーンでかき混ぜるそうです。
  • ターンピース(裏ピース)をやるのは侮辱の意味でNGだそうです。
中東(アフガニスタン、イラン)イタリア、ギリシャ、西アフリカ・南米 サイズアップ(親指を立て「いいね」サインのジェスチャー)はこちらの国では侮辱の意味になります。アフリカでは攻撃的な意味になるそうです。
オーストラリア
  • OKサインは卑猥な意味になるそうでタブーだそうです。
  • 裏ピースは欧米同様にタブーです。
ドバイ
  • 観光地でカップルで手をつないで歩くのはNGだそうです。というより、いちゃいちゃすること自体がが基本禁止なんだそう。
  • イスラムなので女性の服装の露出は注意しなければなりません。長袖・長ズボンで肌が隠れる服装が良いです。
世界
  • レディファーストがスタンダードです。
  • 親しくない人に安易に年齢や結婚しているかや、宗教等を尋ねるのは失礼にあたります。
  • 食事の際に音を立てて食べる。
  • ノックについて、「2回はトイレ」、「3回はプライベート」、「4回は礼儀が必要の際」に使います。
  • レストランにおいて大きな声でウエイターを呼ぶとマナー違反になります。
  • 高級レストランにおいては小さい子供の同伴はお店側に迷惑がかかるので禁止されています。
  • 食事中にタバコは吸うというのは基本的にはマナー違反です。
  • 握手やハグ以外では、イギリス同様にあまり人の体には触れないようにしましょう。
  • 観光に従事する人を撮影したらお金を請求されることがあるので注意。
イスラム圏
  • 豚肉とお酒は禁止されています。
  • イスラム教徒は1日に5回、時間通りにメッカに向かってお祈りをささげる習慣があります。
  • 日没後の一時間はお祈りの時間のためムスリムの家に電話・訪問はしてはいけないそうです。
  • ムスリムの女性を許可無く写真撮影することはしないようにしましょう。
  • ムスリム(イスラム教の人)以外の男性がムスリムの女性と関係を持つことは法律違反になるそうです。そのため、ムスリムの異性に対しては握手などもしない方がいいです。
  • イスラム教では公共の場でのキス・ハグ・手を繋ぐはNGです。
  • 女性は公共の場で肌を出してはいけないそうです。
  • ラマダンという断食月がある時は日の出
  • イスラム圏は、トイレは紙を使わず左手を使います。
ブータン タバコを吸うことはもちろん所持しているだけでもお金を支払わなければいけないそうです。
マレーシア
  • トイレは基本水ホースで手を使う文化なので、もし紙を使う場合はポケットティッシュは必需品です。
  • 指さしは禁止とされています(サイズアップで方向を指しましょう)
  • チップの習慣はありません。
  • 子供の頭をなでる習慣がないそうなので気をつけましょう。
  • マレーシアの国教は仏教ではなく、イスラムですので注意が必要です。
エジプト
  • イスラムを参照。
  • 衛星事情があまり良くないそうで、屋台で売られているジュースや氷(生水利用)を食すと下痢する可能性ありです。
インドネシア 仏教寺院の特徴だと思いますが、バリ島の寺院は軽装では入れないそうです。
カナダ アメリカ同様に公共の場での飲酒喫煙が禁止されています。
ドイツ
  • 意外にも...集合時間に15分遅れるのがマナーのようです。
  • 駅では改札がないので、日本のように駅で後払いでもいいかと切符購入を後回しすると巡回して切符確認をしているスタッフに罰金をとられます。
サイパン
  • 22時以降はアルコール類を販売していない。また21歳未満は飲酒できない法律になっています。(20歳は飲めない)
  • 車でのスクールバスの追い越しは法律違反になっているようですので、レンタカーを使用する際には気をつけてください。
グアム
  • 煙草のポイ捨ては罰金1000ドルとなっています。
  • 深夜の2時~朝の8時まではお酒を買えないようです。
香港
  • 公共の場所では全面的に喫煙は禁止されているそうです。
  • パスポートの所持は義務化されているそうです(コピーでもOK)

タブーとされている各国のハンドサインについて

上記箇所で度々出てきたタブーとされているハンドサインについて下記にまとめました。

ピースサイン ギリシャ
裏ピース イギリス、オーストラリア FUCK YOU の意味でアメリカで使われますね
サイズアップ 中東(アフガニスタン、イラン)イタリア、ギリシャ、南アフリカ、南米
OKサイン フランス、オーストラリア
小指立てる 中国
ブーイングサイン アメリカ、イギリス

実際にはどうか?

以上が海外を旅行するさいに気をつけておいた方が良い世界のタブーやマナー、宗教上問題とされている事柄でした。
ただ、実際のところ観光地を旅する中で、あまりこういったことで注意されたとか、失敗したなどはありませんでした。
おそらく住めばまた違うかもしれませんが。
ただ、以前テレビを見ていて、ギリシャで手の平を向けてタクシーを呼んだスタッフが一向にタクシーが捕まらず、挙句に怒られるというVTR。
イランで買い物をした際に親指を立てていいねサインをしたら店主に怒られたTVRなどを拝見したことがあります。
そういうとことを見る限り実際には表立っていないだけで、存在することなのだと実感しました。
また、バックパッカーが訪れるのはあくまでお殆どが観光地化された場所であり、例えタブーとされるハンドサインをしても、現地の人は「ああ外人さんね」で理解を示し終わるという推測もできます。
そういう点では徹底的に勉強して準備をする必要はないけれども、基本的なことは知識として知っておくべきことなのではないかと思います。

スポンサーリンク