旅中の健康管理方法

  • TOP
  • 旅中の健康管理方法

旅中はできるだけ野菜とヨーグルトを摂り、歩こう

長期で世界各地を旅行していると健康管理というもの旅中は健康管理には気を付けたいものです。
私がおすすめしたいのは、

  • ヨーグルトをできるだけ毎日とること
  • 野菜を沢山とること
  • ひたすら歩き廻ること

ことの3つです。それぞれどういうことかについて説明します。

ヨーグルトをできるだけ毎日とること

ヨーグルトを毎日とることは重要なことの一つです。
やはり旅行中は移動が多くなりますからできるだけ乗車中にトイレに行くということは避けたいという考えがあります。
そのためには常に腸の働きを良くし、お通じが良い状態をキープしておく必要があるのです。
そうしておけば、お腹が張って詰まった状態は避けることができます。
乳酸菌をとることでお腹の調子を常に良くしておくことは、健やかに旅をする上では欠かせないことです。
乳酸菌を入れるメリットというのは大きく、便秘効果、下痢への効果、腸内の血流促進、新陳代謝の活性化が期待できるのです。
ヨーグルトをとると他にも以下のようなメリットがあります。

  • インフルエンザ感染率を下げる
  • カルシウムをとると気分が穏やかになる

ヨーグルトは全世界中どこでも売っていますので、たいてい手に入れることができます。
できるだけヨーグルトを食べる癖をつけて旅をしていきましょう。

野菜を沢山とること

旅をしていると栄養バランスが偏りがちになるものです。
特に先進国滞在時は物価が高いということもあり食費を抑えるために簡単な食事になりがちです。
途上国滞在時の方が屋台などでがっつり野菜が入った料理を食べれるので栄養バランスは良かったりします。
外食や簡単なファーストフードをとることは簡単ですが、その分栄養バランスは良くありません。
ですので、出来る限り野菜を沢山とることを心がけ、外食やファーストフードや肉食に偏りがちな旅中の食生活を見直していきましょう。
物価の安い国であれば、屋台が沢山あると思いますので野菜までしっかりとついた定食のような料理を安価で食べることができます。
屋台は安くてどんな野菜を使っているか分からないという部分もありますが、正直健康にはいいです。
1プレートにご飯をがっつりもって、その横に好きなおかずを何品か乗せて100円~200円というレベルです。
他にも野菜をとると、

  • 体力が向上する:歩き続けるためには体力が必要です
  • 集中力が高くなる、イライラがなくなる
  • 骨が丈夫になる
  • 味覚が良くなる:美味しい料理を味わうには必要です

野菜をしっかりと摂ればきっと旅の質も変わってくると思います。
野菜を摂ることを心がけましょう。

ひたすら歩き廻ること

最後に「ひたすら歩き廻ること」をご説明いたします。
世界中を旅することの醍醐味は世界中のあらゆる都市を散策できるということです。
つまり、旅をしていれば必ず沢山歩くことにはなるので特にここは説明は必要ないかもしれませんが、ぜひ沢山歩き回って下さい。
そもそも歩くことは最高の運動と呼ばれています。

  • 汗をかくので体内の毒素や老廃物、疲労物質を排出してくれる
  • 気持ち良い:気持ちが高まる
  • 体脂肪が減る
  • 体がシェイプアップされる

歩くことでこれらのメリットがあります。
私は一年間旅に出た中でかなりの筋力がついた気がしました。
滞在先で必ずトレーニングをしていたという理由もありますが、歩くことで常に体力をつくっていたからだと思います。
つまり、世界長期旅行を通じて心身ともに健康になっていくのです。 結果、食も増えることでしょう。
美味しい料理はやっぱり腹が減った上体で堪能したいですよね。
運動したあとの食事って最高に美味しいです。
沢山歩くことで世界中の料理を美味しくいただくことができるのです。
節約のためにも、健康のためにも、タクシーなどは使わず、たまには観光地をWalingしてみるといいかもしれません。
また、歩くことで新しい発見やシャッターチャンスもあるかもしれません。

あなたの旅の健康法を教えて下さい

他にもこんな旅の健康法があるぞ!という方は以下までオリジナルの旅の健康法をご連絡ください。
是非こちらのページにてご紹介していきたいと思います。

お問い合わせ

スポンサーリンク