ホテルを探す

  • TOP
  • ホテルを探す

宿探しは事前の準備で決まる

ホテルの探し方には何通りかあります。

  • インターネットで探す・・・これが一番一般的です。
  • 現地で足で探す(見つける)・・・新しい刺激を求めるのであれば面白いかもしれません。
  • 知り合いや旅人から聞いた情報で探す・・・感覚によるところがあるので当たりはずれがあるでしょう。

この中でも95%の人はネットで探すと思います。今回は主にこちらのおススメサイトをご紹介したいと思います。
ただ、実際には世界にはホテル予約サイトにもないような場所があるのも事実です。ということでネットを使わないケースでのホテル探しのノウハウも記載させていただきました。

宿泊系サイトで探そう

旅の宿探しの基本はBooking.com

旅を通じて私はずっとBooking.comを利用し続けました。
最初は色々なサイトを使っていたんですけど、二~三カ国目くらいからこのサイトに落ち着きました。
一番良いのは見やすさ操作性と使いやすさです。
世界最大の宿泊サイトですからレビュー数が多く、かなりのレビューを読むことができます。
レビューは10点中何点かが評価されています。レビュー数が多く、なおかつ点数が高いホテルは予約間違いないでしょう。正直言って結構これは当たります。なので私は個人的にできるだけレビューが高くて条件がよさそうなホテルに宿泊していました。

▼他にも良いサイトあります。

エクスペディア

エクスペディアの素晴らしいところは、航空券+ホテルのセットで組むと限りなくお得な商品があるという点です。
以前破格の値段でアジア→ヨーロッパ数カ国を遊周している学生さんに出会ったことがあるんですがかかった航空券代を聞いてその安さに驚いたのを覚えています。
また、格安航空券も沢山出ているのでスカイスキャナーとあわせて使えば間違いないといたっところでしょう。

ホステルワールド

その名の通りだなと思いますが、世界のホステルを網羅しています。170 か国にある 33,000 件のホステルを検索することができます。
ホステルワールドの特徴は他のサイトにもないホステル情報が入っているホステルに特化していることだと思います。
予約時に宿泊料の10%と手数料がかかってくるのが特徴です。

agoda

agodaでは非常に安い宿を見つけることができます。
時々季節限定のプロモーションをしているときがあるのでそこを狙うのがポイントです。
ただ、agodaでは前払いが前提になるということは理解しておいた方がいいです。基本的には事前のクレジットカード決済になります。よってキャンセル規定も厳しいところも多いです。
どうしても旅をしていると日程がずれるときがあります。そうなると直前でキャンセルしたくてもできない状態だと大変困ります。要は無駄払いで終わってしまいます。
安い反面、その部分がネックになるというのが私の使ってみた感想です。
私は旅中はカードでの事前決済よりも現金やカードでの「現地決済」が好きです。やはりいつ落とされているか分からない感じがしてあまりしっくりこないからです。
ただ、agodaは安いので事前にしっかりと計画的に旅ができるならこのサイトを利用するのも全然良いと思います。

現地で宿を見つける方法5

場所によってはホテルやホステルがない地域があります。予約サイトにはないような地域の場合は現地で宿泊先を見つける必要があるでしょう。
そういう時はどうすればいいかといいますと、

  • タクシードライバーに聞く
  • ネットで「地域名+ホテル」で探す
  • 店の人に聞く
  • 駅員に聞く
  • 足で「HOTEL」の看板を探す

このような選択が可能となります。この中でもやはりまずやってもらいたいこととしてはネットで検索はして欲しいです。
どんな場所にも誰かしら行っていますから宿泊先情報など出てくるでしょう。この宿はとても良かったとか、この宿はこうだったとか、そういったリアルな情報がブログなどで見つけることができると思います。
なので、そこで宿を見つけたらキャプチャとスマホに保存しておいて、現地に着いたらタクシードライバーに見せればいいのです。

どんな地域でもタクシードライバーは声をかけてくると思うので、彼らに聞くのも手です。言ってみればその地域に関しては熟知したプロなわけですから、安いホテルから高めのホテルまで値段別に案内してくれると思います。ただ、行ってみて値段が違ったりすることもあると思うのでそこは気をつけなければなりません。
あまりおすすめしないのは通りの人に聞くことです。さすがにお金を要求してくる人はいないと思いますが、少しでもお金をとってやろうという輩は多いですから、できる限り「商業に従事している人(駅員や店の人やタクシードライバー)」にたずねることです。彼らならそうそう騙してくることはないでしょう。やはりそう考えると一番安全性の高いのはサイトでの情報ということになるかもしれません。料金も把握できます。

無料でステイ先を探すカウチサーフィン

無料で宿を確保する方法もあります。それがカウチサーフィンです。
これはどういうものかというと、こちらのサイトでは、無料でこのサイトで自宅に泊めてくれる人を探すことができます。泊めてくれれば宿泊費を無料にできるのでホテル代にかかる費用は削ることができます。使い方としてはこのサイトに登録し、住居を提供してくれる「カウチサーファー」にコンタクトをとります。メッセージを送っても返事が来ない場合もあります。Facebookとリンクしているので相手の素性を知ってからコンタクトをとるというというのは必須です。

メリットとデメリット

メリットとしては、やはり費用がかからないという点でしょう。旅行にかかる多くの資金は宿代ですから、その資金が浮けば旅も長続きするでしょうし、その費用で色々なところに行けるでしょう。ほかには、現地に実際に住んでいる外国人の暮らしを生で体験できるということは貴重な経験ですし、色々なその国の情報など教えてくれるでしょう。
またデメリットとしては、見ず知らずの人の家に泊まるわけですから女性が一人とかいう場合は特に気をつけなければなりません。また、見返りを求めてくる人も多いようですので注意が必要です。二人や数人で利用するというのも方法かもしれません。

私が出会ったカウチ利用者

イタリアのホステルで出会ったとある夫婦はカウチサーフィンを超有効活用していました。いつも決まって旦那さんがカウチサーファーにコンタクトをとっていました。夫婦ですから泊める方も安心感があるようで、行く国いく国で成功しているようでした。時には丸一ヶ月近く滞在させてくれる方もいたようでかなりそれによって費用を浮かせているようでした。こんな方法もあるんなだあと感心したものです。
またエクアドルで出会ったあるコロンビア人の男性もカウチサーフィンだけで旅をしているというつわものでした。その時に感じたのは、旅行は費用をかけずしてもできるんだということでした。

格安で宿泊宿を見つけるAIRBNB(エアービーアンドビー)

普通ではできない旅行をしたいならAirbnbで旅をすることをおすすめします。
このサイトは簡単にいうと、個人で空いている部屋や家を所有している人とそれを借りたい人を繋ぐマッチングサイトになります。
日本でも「民泊」が増えてきていて「STAY JAPAN」や「TRIPBIZ」のようなサービスがまさにそれです。私が最初にこのサービスは旅人から教えてもらったんですが、へえそんなものをあるのだなあと関心していました。メリットとしては、

  • 安い:価格の高い都心でもAirbnbであれば安い価格のお部屋が見つけられます。
  • ホームステイ感を味わえる:その国々のリアルな個人宅に行くわけです。
  • Airbnbホスト(貸す人)との交流:貸し手の人との交流が出来るのが良いところです。

海外に旅に出るのならその国々のリアルな文化に触れてみたいものです。
それはホテルやホステルだけだとなかなか感じにくい部分だと思います。
やはり人の文化は家に表現として現れますから、そこを体験することができるこのサイトというのは貴重だと思います。

スポンサーリンク