お金の準備(クレジット・資金計画)

  • TOP
  • お金の準備(クレジット・資金計画)

まとまった資金を準備する

旅を成功させるためには潤沢な資金はあればあっただけいいです。
ここでは、資金準備ということで、いくらあれば旅ができるのか?帰国後のためにいくら残しておけばいいか?などをご説明できればなと思います。
結論から言えば、長期旅行に行く期間にもよりますが、世界一周するのであれば色々な世界旅行者に会ってきた中で皆さんの平均をとったところ平均100~150万円は欲しいところでした。
ただ、資金の使い方もあるので、完全にケチケチバックパック旅行ならもっと抑えられるでしょう。
期間はおよそ半年〜1年です。資金別にどういう旅が出来るのか見てみましょう。

資金:50万円~70万円

物価の安い途上国をメインに旅するのであればこれだけでも十分に世界一周をすることは可能だと思います。
ただ、期間は3ヶ月くらいだと思います。基本的にはホステル滞在になるでしょう。
モデルコースとしては日本→アジア諸国→中東経由→アフリカ→南アメリカ→中南米→帰国という周り方が理想的です。
この費用だと問題なのは飛行機をいくら安くできるかになってくるでしょう。
ただ、実際にはこの金額でも賢く旅をすれば十数カ国くらいは行けると思います。

資金:100万円~150万円

私が会って来たバックパッカーの方々で多かったのはこの150万円という費用でした。
ある程度余裕を持って旅をするならこのくらいは欲しいです。
半年くらいはいけるかと思います。ただ、やはりホステルメインになります。
かなりきりつめれば7ヶ月~10ヶ月も可能ではないでしょうか。

資金:200万円~300万円

ちょっと余裕を持った旅がしたいならこのくらいは欲しいです。
この金額があれば一年は余裕です。
また好きなことに余裕を持って資金を投じることができます。
ただ、安旅をすることに必死になるよりも余裕を持ったゆとりのある大人の旅ができるでしょう。

資金:350万円~500万円

これだけの資金があれば2年以上は旅が可能です。
世界50カ国も可能でしょう。時間と資金があるのでどんな廻り方もできると思います。
じっくりゆっくり世界を堪能したいのであればこれくらいの資金は持って行きたいものです。
作家の高橋歩さんも奥さんと350万ずつで約2年旅世界一周をされていました。

帰国のための資金

また、帰国のためにはいくらくらい残しておけばいいのでしょうか。
帰国後すぐに仕事のあてがあるのでしたら、家賃代等で30~50万くらいで足りるのではないでしょうか。
全くあてがないのでしたら、最悪数ヶ月分の家賃と最低限の食費等を確保しておくという意味で50万〜100万あれば安心でしょう。
そのようなことを鑑みて安心して旅立ちたいものです。

現金管理はやめよう。基本はクレジットで

資金の管理は原則クレジットカードでやりましょう。
現金は無くしたら基本戻ってきません。
クレジットカードならなくしても電話一本で済みます。
大きな現金を所持しながら旅をするというのはリスクが伴います。
できるだけ手元には50ドル~200ドルくらいだけ持っている状態が理想です。
あとは全部基本クレジットカードです。
現金は一週間分くらいを一回で現地ATMで現地通貨をキャッシングで引き出します。
飲食店や宿でクレジットカードが使えるとことは基本カードを使いましょう。
先進国であればタクシーや列車の切符でさえカードで買えます。

カードは数枚用意しておこう

クレジットカードは最低2~3枚持っていくことを薦めます。
理由は以下になります。

  • 年収証明などが届き、それを返送していない場合、カード使用を止められるケースがあります。
  • ATMにカードが飲み込まれて出てこないといったトラブルの可能性がある
  • 盗難・紛失などの可能性
  • 日時時間よっては一部のカードは使えない可能性がある
  • 暗証番号を3回連続で間違えると自動的にセキュリティロックがかかる可能性がある
  • 使えないブランドがある可能性がある

こういったリスクが考えられるためカードは数枚所持していくことをオススメします。
更新期限が近いカードも出発前に更新していきましょう。

キャッシングしたら一括返済

キャッシングは借り入れになるので、引き出したら当然利息がかかります。
ただ、海外のATMで一万円引き出してもかかるのは100円程度です。手数料とあわせて300円くらいでしょうか。
少しでもその利息分を減らしたいのであれば、引き出した数日以内にカード会社に一括で料金を振込みを行い返済するのです。
使った情報がカード会社に上がっている場合一括返済できます。
すると引き出してから次回の引き落とし日までの利息分を無くすことができます。
振込みはネットバンクを使いましょう。
カード会社への電話はスカイプなどで十分です。
というか多分スカイプが一番安いです。

スポンサーリンク