世界の治安を知る

  • TOP
  • 世界の治安を知る

外務省安全対策ホームページは旅の羅針盤

私は旅を通じて私はずっと外務省安全対策ホームページを利用し続けました。
海外旅行をする場合、最初に考えることは「この国、この場所治安は大丈夫かな?」ということでしょう。
では、治安はどうやって未然に防げばいいでしょうか。一番は危険な場所には行かないということです。
まずは情勢が危険な国は絶対に避けましょう。ではそれはどこで見つければいいかというと、このサイトで探すのです。
このサイトは旅の羅針盤だと思いましょう。
「今は情勢が不安定だから止めておいたいいな」とか、「こっちの国は危なそうだからこっちに行こう」などそういうコンパスの役目として使うと良いです。
ただ、治安が悪いといわれている国でも、場所と時間帯によっては全然聞いた話と違っていたり、思っていた以上に平和で治安が良かった、なんていうこともあります。
一次情報と二次情報では異なるのは当然です。
大切なことは、あからさまに旅行者がいかないような場所に場違いな時間にいかない、もしくはそう言った場所や国には近づかないことです。情勢が危険な国は絶対に避けましょう。
こちらに関しては、外務省安全対策ホームページで探すことができます。

検索のやり方

  1. 外務省安全対策ホームページこちらのURLをクリックします。
  2. 「国 ・地域別の海外安全情報」の地図をクリックします。
  3. 次に行く国がある地域クリックします。
  4. さらに国をクリックします。
  5. するとレベル1~レベル4までの危険スポット広域情報が出ます。

※その国へ行く前はこちらの情報をもとにして判断しましょう。

行く国の治安レベルは必ずチェックしてから行こう

レベル1~レベル4までの危険スポット広域情報を確認しますと、以下のように4レベルに分かれています。

  1. 「レベル1:十分注意してください。」
  2. 「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」
  3. 「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
  4. 「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」

真っ白でレベルがついていなければ治安に関しては特に何も問題はありません。黄色がレベル1で「十分注意してください。」この程度ならよほどのことがない限り注意していれば問題ないでしょう。ただ、レベル2〜4になってくると、基本行かない方がいいです。
日々ニュースで報道されるような危ない場所を確認してみますと、見ていただくとわかる通り真っ赤になっている地域があります。ここはそもそも立ち入りが禁止されています。2013年に私は中東ヨルダンを旅していました。その際、エジプトがクーデターが行われていたため、楽しみにしていたピラミッド訪問を断念しました。その基準となったのがこの外務省情報です。この情報を羅針盤しに、次の国に入る前にはその国、その地域がどんな状態なのかを必ずチェックしてから入国しましょう。
その他、このサイトだけでなく、Googleなどの検索エンジンにて「〜場所 治安」と検索すれば一発でその類の情報が出てきますので、そういう情報も見ながら同時に判断できるとベストです。

安全に旅をするための7大ポイント(危険を未然に防ぐための)

  1. 危険な場所に行かない:これで98%は防げます。あからさまに旅行者がいかないような場所に場違いな時間にいかない、もしくはそう言った場所には近づかないことです。情勢が危険な国は絶対に避けましょう。また、旅行者が行かないようなエリア等もです。海外に出ると気が大きくなって変な好奇心・怖いもの見たさがあるかと思いますが、その欲望は我慢してください。
  2. 夜は出歩かない:基本中の基本です。夜は人気が少なくなるので、できるだけ出歩かないようにしましょう。もし、出る場合は何人かで行動するか、現地の人と行動するなどしましょう。
  3. 高価なものは身に着けない:危険地帯の前ではとってくださいと言っているようなものです。できるだけ高そうなものは持たないようにしましょう。
  4. 喧嘩しない:ついカッとなることはあっても絶対に手を出してはいけませんし、怒鳴りつけるのもよくありません。できるだけ穏便に事を収めましょう。捕まったら基本現地の警察は向こうの見方です。
  5. ケチケチしない:多少のぼられは気にしないようにしましょう。争いのもとになります。あくまでも自分はアウター(お客様)なのだという意識でいましょう。
  6. カギはしっかり行う:荷物のロックは毎回徹底しましょう。
  7. 気を抜かない:開放的になって気が緩むのはやめましょう。常に気を引き締め、安全を心がけましょう。

私が経験した治安の悪い場所における恐怖体験

実際に私が世界一周を旅した中で2回だけ犯罪に遭っています。(その他仕事でも含めればもっとありますが...)ベトナムで窃盗1回、アルゼンチンで強盗1回に遭いました。そのうちの強盗ってのはかなり命の危険を感じたものでした。一回目はホーチミンで騙されて窃盗被害、二回目はスラム地区の路地で6~7人組青年強盗集団にカメラ盗られたかたちでした。どちらも、「危険な場所にいかない」「夜は出歩かない」の二つを守っていたら余裕で防げていたことなので、自業自得だと思っています。完全に私の不注意でした。
といってもその他は、旅を通じて厳重に警戒していたためスリには遭いませんでした。旅の中で出会ったひとの話では、小さい詐欺やその他ぼられたりは日常的に聞いていました。旅の中で知り合った人の中には、似非警察に騙されたり、バスの移動中寝ている時にスマホを盗まれたり(特に学生に多かった)、そういう類の話は結構聞いていました。といっても一部の人の話です。私の旅で知り合った多くの旅人や世界一周旅行者の方々の多くは「何もなかった」という方が殆どなのです。ただ、油断はいけません。相手は海外です。日本を旅するのとはわけが違います。

スポンサーリンク