旅中の資金管理術(節約術含)

  • TOP
  • 旅中の資金管理術(節約術含)

旅中の資金管理術「トラベルレコーディング」

旅では資金の管理意識というのものが非常に重要になってきます。
予算を決めて、できるだけ節約することで旅も継続にもつながります。
そのためには私が推奨しているのが「トラベルレコーディング」です。
これはどういうものかというと家計簿のようなものをつくる感覚に近いです。
以前に一日に何を食べたかを記録していくダイエット術が流行りましたが、まさにあんな感覚です。
やることは一日に旅費を何にどれだけ使ったかを記録するだけです。
素晴らしい点は、結果的にそれが旅日記となる点です。
イメージとしては以下のような形になります。

~月~日 ~ホステル 1泊 7USD この国での予算残り~USD
コメント:同じ部屋で~人の~と出会った。一緒に観光をした。等
~月~日 食費 ~ランチ この国での予算残り~USD
~月~日 観光代 20USD この国での予算残り~USD

するとあとから見返した時に「いつ何にどれだけ使ったか」が分かるので、無駄遣いを減らせます。
また、入国した段階で「この国ではいくらまでしか使わない」というルールを設けることで、その国で使う予算を立てることができます。
それが「この国での予算残り~」の箇所になります。
そこに「コメント」を記入するようにすれば旅日記代わりにもなるのです。
もしパソコンを持っていれば、これはエクセルなどのドキュメントにまとめておくと、綺麗にあとから見返すことができます。
パソコンを持って行かない場合はスマホ・タブレットのアプリやアナログでノートでも構いません。
このトラベルレコーディングに使えるアプリに関しては、旅で使えるアプリケーションページの中に記載しておきました。
私は「Evernote」や「Onenote」や「」Google スプレッドシートが便利で良いと思います。
どれを使うかは個人の自由ですので自分に使いやすいものを選ぶと良いかと思います。
重要なポイントは毎日続けるということです。
忘れたり面倒な日もあると思いますが、数日分ためてまとめて書いてもいいので、続けて下さい。
それは貴重な記録になります。

原則的に節約したいなら代理店は使わない

これは節約術という部類になるかと思うのですが、旅行中はできる限り代理店は利用しない方が資金はかからないです。
つまり、予約などは全部自分で行うということです。
どうしても自分では難しいというときだけ代理店は利用すればいいかと思いますが、基本的には彼らは旅行者の面倒な作業を代行する業者ですので、あなた方が面倒でなければ出来る限りやった方がいいのです。
そうすればそこでかかる費用をおさえることになります。
列車のチケット等の場合事前の予約をしないと大変込むというリスクはありますが、たいていは現地カウンターに行けば問題なく購入できます。
少し考えればできたり、少し探してみたらできたなんていうこと沢山ありますので、できるだけチケット関係に関しては代理店は使わないほうが節約できます。

ホステルは朝食付きの場所を選ぼう

ホステル選びもポイントです。
だいたいバックパックでの世界長期旅行になると宿泊するのはホステルになると思いますが、その時はできるだけ朝食付きのホステルを選ぶといいです。
そうなると一食分浮くだけでなく、しっかりと栄養補給もできて健康面でも良いのです。
ホステルを選ぶ際はできるだけ「朝食付き」のホステルを選びましょう。

資金管理術として所持する資金を分散せて持っておく

  1. 目的の国に到着したら「その国で使う分、使いきれる分だけ予想して」ATMキャッシングでおろす。
    理由は何回か出すことになると手数料が沢山かかるし、多すぎて余ってしまうと両替で損をしてしまうリスクがあるためです。
  2. クレジットカードは数枚用意しておき、バックパック、サブバック、セキュリティポーチ、本財布、ダミー財布などに分散させる。
  3. 現金はダミー財布には常時50USD~100USDくらい、セキュリティポーチor本財布には残りのその国で使う資金を分散して入れておく。
  4. ダミー財布は後ろポケットやバックのポケットには入れない。
  5. 宿ではできるだけ細かいお金に両替えしておく。
    ある国やエリアによっては大きなお金を出すと嫌な顔をされるケースがあります。
    できるだけ小さいお金にしておくという意味です。

既に貴重品は分散させて所持しておくことについては、旅の持ち物(バック・必需品等)ページの中にご説明しているかと思いますが、上記のように分散させて管理しておきましょう。
これがリスクの無い賢い資金の管理方法だと思っています。

スポンサーリンク