世界一周航空券をどうするか

  • TOP
  • 世界一周航空券をどうするか

基本的には、航空券は世界一周航空券を買うパターンか都度旅の中で格安航空券を買っていくパターンになるかと思います。
前者の場合はメインの移動が飛行機なので、バスや列車での陸路移動というのは少なくなるでしょう。
逆に後者の場合はメインがバスや列車での陸路移動になると思います。
まず世界一周航空券とはどんなものなのかを解説し、そのあとにメリットとデメリットについてお話していきます。

世界一周航空券とは何か?

世界を周遊する人のための航空券になります。

  • 出発する前に事前に全旅程を出国前に決めてから購入する
  • 主要グループはスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームの3グループ(これらの飛行機が飛んでいる都市に行ける)
  • 航空券の有効期限は一年間
  • 滞在回数や同一都への滞在回数に制限がある
  • オープンジョー:入国地と出発地が異なる場合(自動車や列車やバス移動により)別途購入しなければならない
  • 一方向だけに進むことができる。大陸またぎの逆戻りができない
  • ルート変更、日付変更には手数料がかかる
  • 滞在都市数には制限あり
  • 料金は予算や期間により異なるがエコノミーであれば30万円台からある

以上が世界一周航空券の特徴になります。
では次にメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

  • 飛行機を多用する場合安い:ビジネスクラスやファーストクラスが破格で購入できます
  • 一年間有効であるという点:留学と併用して帰国時に周遊するという手もあります。
  • 通年で料金が変わらない点:航空券というのは時期によって値段が大きく変動するものなのでオンシーズンでも一律な点は有難いです。
  • マイル:事前に航空会社を決めていく関係でマイルを計画的にためることができる
  • 事前発券なので旅中に航空券を探す手間がない
  • 長距離ほどお得:~大陸移動で~円という価格設定なので普通十数万円するような距離でも数万円で移動ができてしまう。
  • ナショナル・フラッグ・キャリア(国を代表する大手航空会社)のため機内食、預け入れ荷物、機内モニターあり。簡単に言えばLCCではなく普通の航空会社の飛行機ということです。

メリットの中で一番良いと思うのは長距離ほどお得になるという点でしょうかね。
オセアニア諸島や大陸間移動というのはかなり高くつきます。
そういう特にある程度安く抑えることができるのであれば私は非常にメリットがあると感じます。

デメリット

  • 自由度が下がる:最初に行く国、日時、ルートを決めて行くため、もし途中でやっぱりあっちの国に行きたいなと思った際に、フライト区間変更で追加1万5000円かかります。また日時変更は空席があれば無料だそうです。LCCなどの格安航空券で旅の中で購入すればいくらでも調整がききます。
  • 各大陸ごとにフライト制限がある:北米大陸は6回でその他の大陸は各4回とか、アジア大陸では途中降機できるのは2回など、制限がありますので航空会社に要確認が必要。
  • 一年を越える場合は無効になる
  • 途中の区間を勝手に放棄することはできない(ルート変更が必要)
  • 陸路移動が制限されている:陸路で国境を越えた場合、搭乗制限回数にカウントされるようです。(ただ、また元の空港に戻ってくれば問題ないとのこと)

デメリットの中で一番ネックなのが自由度が下がるという点だと感じます。
人によってはそうでもないという意見もあると思いますので一意見ということだけは言っておきます。
また陸路移動のしばりがあるのも何かネックといった感じですね。

どういう人に向いているか?

  • 旅の期間が一年以内であること
  • 行く国、期間がある程度決まっていること
  • 一年を越える場合は無効になる
  • 航空券を毎回とるのが面倒だという人
  • 長距離の大陸移動が多い
  • マイルを貯めたい
  • 予定通りに旅がしたい

上記にいくつも当てはまる人は購入していく価値はあるかもしれません。

どういう人には向いていないか?

  • ルートは縛られたくない
  • 旅の途中で進路変更を沢山したい
  • 気に入った国には長居したい
  • バスや鉄道で国境を越えたい(結果的に安く済む)
  • 一年以上旅がしたい
  • 基本LCCで安く済ませたい
  • マイルよりも旅を安く済ませたい

あちこち気ままに廻りたい人には正直あまり向いていません。

私の意見

まず自分には合っているか合っていないかで判断してみて、少しでも興味があるのであれば試算してみましょう。
問い合わせでもいいですが、各グループ会社のホームページから料金を試算できるのでそれでどのくらいかかるのかやってみましょう。
最初私もやってみたのですが、思っていた以上に料金がかかったのと、自分のスタイルが向いていなかったため購入はしませんでした。
自由な感じがしなかったのと、陸路移動をしたかったためです。
なので、自分の旅行のスタイルがどちらに向いているのかを基準に購入は検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク